国内外ニュース

東証2部指数が連日最高値 個人投資家の取引が活発化

 中堅企業が中心の東京証券取引所第2部で個人投資家の取引が活発化し、株価指数が25日まで3日連続で終値の過去最高値を更新した。海外の機関投資家が売買の主軸で世界情勢を敏感に映し出す1部と比べ、落ち着いて企業の業績を吟味した投資ができるとして人気が集まっている。

 東証2部株価指数の年末終値は2016年まで5年連続で上昇。今年2月には史上最高値を約11年ぶりに塗り替えた。25日終値は6585・71だった。

 2部は国内事業を収益基盤とする安定した経営の老舗企業が目立つ。エスビー食品やヨネックス、帝国ホテルといった時価総額上位の銘柄の多くが増益基調だ。

(8月25日17時35分)

経済(8月25日)