国内外ニュース

広島港でヒアリ131匹駆除 コンテナヤードで23日に発見

 広島港で見つかったヒアリ(兵庫県立人と自然の博物館提供)  広島港で見つかったヒアリ(兵庫県立人と自然の博物館提供)
 広島県は25日、広島港のコンテナヤードで23日に見つかったアリは、強い毒を持つ南米原産の「ヒアリ」と確認したと発表した。ヤード内のわなやその周辺で計131匹を駆除した。女王アリや巣は見つかっていないため、定着や繁殖の可能性は低いとみている。

 県によると、中国などからの定期航路がある港を対象に環境省が調査するため、16日にわなを設置。23日朝、わなや近くのアスファルトに堆積した土から見つかった。専門家の調査でヒアリと判明した。

(8月25日17時41分)

社会(8月25日)