国内外ニュース

函館市、イカ購入費用1億円助成 不漁で価格高騰

 北海道函館市の工藤寿樹市長は25日の定例記者会見で、函館市などのイカ加工業者に対し、外国産イカの購入費用として総額1億円を助成する方針を明らかにした。スルメイカ漁で全国有数の水揚げを誇る函館市をはじめ、国内のイカ産地は軒並み不漁に苦しんでいる。価格も高騰しており、助成によって加工業者の負担軽減を図る。

 市によると、函館市を中心とするイカ加工業者の団体「函館特産食品工業協同組合」に、イカ1キロ当たり100円、計千トン分を助成する。補正予算案を9月の定例市議会に提出し、10月以降の購入分を対象とする方針。

(8月25日18時56分)

経済(8月25日)