国内外ニュース

O157、埼玉の飲食店7人感染 4人入院、命に別条なし

 埼玉県川越市は25日、市内の飲食店「ナポリの食卓川越店」で食事をした7人が、腸管出血性大腸菌O157に感染したと発表した。うち4人が入院中だが、命に別条はない。市は店の食事が原因の食中毒と断定、同店を25日から3日間の営業停止処分とした。

 市によると、7人はいずれも県内に住む5グループの18~77歳の男女。11日と12日にパスタやピザなどを食べて下痢などの症状を訴え、O157が検出された。

 従業員1人からも菌が検出されており、市は感染経路を調べている。

(8月25日19時11分)

社会(8月25日)