国内外ニュース

ワクチン量、昨年下回る見通し インフル「接種者は確保」

 冬の流行に備えたインフルエンザワクチンの製造予定量が、昨年度に使われた量を下回る見通しであることが25日分かった。厚生労働省が専門家会合で明らかにした。適切な使用法を徹底すれば「昨年度と同じほどの接種者数は確保できる」と説明している。

 厚労省によると、ワクチン製造量は昨年度より4%減る見通し。ワクチンに使うウイルス株を選び直した影響という。

 ワクチンは、13歳以上は通常1回の接種だが、2回接種する人もいる。厚労省は1回の接種を周知徹底し、使用量を減らせるとみている。返品を前提とした医療機関の余分な発注をなくすための対応も強化する。

(8月25日19時45分)

医療・健康(8月25日)