国内外ニュース

平安和歌刻む土器出土、山梨 全国初、平仮名確立時期裏付け

 山梨県甲州市のケカチ遺跡で出土した、和歌が刻まれた「甲斐型土器」  山梨県甲州市のケカチ遺跡で出土した、和歌が刻まれた「甲斐型土器」
 山梨県甲州市塩山にある奈良―平安時代の「ケカチ遺跡」から出土した土器に、仮名文字で和歌1首が刻まれていたことが分かり、同市や山梨県立博物館(同県笛吹市)が25日、発表した。同館によると、和歌1首が丸ごと刻まれた土器の出土は全国初で「平仮名の確立時期を裏付ける貴重な資料」としている。

 土器は皿の形をした「甲斐型土器」。2016年5月に出土した。直径12・4センチ、高さ2・6センチで、ほぼ完全な形で見つかった。特徴や土の種類から、平安時代中期(10世紀中ごろ)に、国府が直営する山梨県内の窯で生産されたとみられる。

(8月25日22時37分)

暮らし・話題(8月25日)