国内外ニュース

断交端緒の容疑者逮捕か カタール、虚偽発言拡散

 【カイロ共同】カタールの衛星テレビ局アルジャジーラは25日、カタール国営通信に対してハッカー攻撃を行ったとして、トルコ当局が容疑者5人を逮捕したと報じた。詳細は不明だが、カタールが周辺国から断交される発端となった同国のタミム首長の虚偽発言を拡散させた疑いとみられる。

 「イスラム圏の有力国であるイランと敵対するのは賢明ではない」と述べたとするタミム氏の「親イラン発言」は5月24日、カタール国営通信のウェブサイトに掲載され、周辺国のメディアが一斉に引用。イランと敵対するサウジアラビアやエジプトなどが6月、断交を表明し、物流を停止するなどの経済制裁を行った。

(8月26日1時26分)

国際(8月26日)