国内外ニュース

NY株反発、30ドル高 米税制改革への期待感で

 【ニューヨーク共同】25日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比30・27ドル高の2万1813・67ドルで取引を終えた。トランプ政権の重要課題である税制改革の実現に対する期待感が高まり、買い注文が優勢となった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は5・69ポイント安の6265・64。

 ダウ平均は朝方から上昇した。コーン国家経済会議(NEC)委員長が、トランプ大統領は来週から税制改革に向けた動きを本格化させると語ったと伝わり、期待感から上げ幅は一時120ドルを超えた。

(8月26日6時25分)

経済(8月26日)