国内外ニュース

ベルギー首都で兵士襲撃 テロ容疑、刃物男を射殺

 【ブリュッセル共同】ベルギーの首都ブリュッセル中心部で25日夜、男が警備中の兵士に刃物で切りつけ、2人が軽傷を負った。男は兵士に撃たれ死亡。検察はテロ殺人未遂の疑いで男の背景などを調べている。欧州メディアが伝えた。

 男は30代のソマリア系ベルギー人で、襲撃時に2回「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んだとされる。これまでにテロ組織との関係などは浮かんでいない。

 現場は日本人観光客にも人気のある世界遺産の広場「グランプラス」も近く、週末の夜を楽しむ人々でにぎわっていた。

(8月26日9時25分)

国際(8月26日)