国内外ニュース

五輪関連行事の共催確認 京都で日中韓文化相会合

 「京都宣言」に署名し、握手する(左から)中国のラク樹剛文化相、林文科相、韓国の都鍾煥文化体育観光相=26日午前、京都市  「京都宣言」に署名し、握手する(左から)中国のラク樹剛文化相、林文科相、韓国の都鍾煥文化体育観光相=26日午前、京都市
 日中韓文化相会合が26日、京都市で開かれた。2018年平昌、20年東京、22年北京と3カ国で連続開催される冬季、夏季五輪・パラリンピックに合わせ、文化行事を積極的に共催することを確認。3カ国で選定している「東アジア文化都市」の連携強化策を協議する有識者会議の設置でも合意した。

 会合は9回目で、林芳正文部科学相、中国のラク樹剛文化相、韓国の都鍾煥文化体育観光相が出席。合意事項を「京都宣言」として採択した。

 林氏は会合後、記者団に「五輪に向けた連携などを通じて、さらに3カ国の文化交流を促進していきたい」と述べた。

(8月26日12時25分)

政治(8月26日)