国内外ニュース

日清医療食品、京都府内に新工場 1日10万食製造、12月稼働

 日清医療食品の新工場=26日午後、京都府亀岡市  日清医療食品の新工場=26日午後、京都府亀岡市
 医療・介護施設向けに給食サービスを手掛ける日清医療食品(東京)は26日、京都府亀岡市に完成した国内最大級の介護食の製造工場を報道関係者に公開した。高齢化に伴う需要拡大や人手不足に対応し、作業工程の自動化を進め、1日に10万食作ることができる。投資額は127億円で、12月に本格稼働する。

 工場は地上2階建てで延べ床面積は約1万5千平方メートル。加熱や冷却などの工程を自動化したほか、無人搬送車や自動仕分け機などを導入した。生産効率が向上し、従来の工場と比べ、1食当たりの作業員を3~5割程度少なくできるという。

(8月26日17時21分)

経済(8月26日)