国内外ニュース

旧日本軍の「伊58」潜水艦か 五島列島沖、水中ロボットで撮影

 長崎県・五島列島沖の海底で撮影された「伊58」とみられる潜水艦の一部(ニコニコ生放送提供)  長崎県・五島列島沖の海底で撮影された「伊58」とみられる潜水艦の一部(ニコニコ生放送提供)
 長崎県の五島列島沖に沈められた旧日本軍の潜水艦を調査していた浦環九州工業大特別教授らチームは26日までに「伊58」とみられる潜水艦を撮影したと発表した。

 伊58は広島に落とされた原爆の部品を運んだ米重巡洋艦「インディアナポリス」を沈めたことで知られる。今後、映像や資料を分析し、最終確認する。

 チームには、情報通信研究機構(NICT)などが参加。22日から26日にかけ、水中ロボットを使って探査した。水深約200メートルの砂地に横たわっている潜水艦を撮影し、外見上の特徴から伊58の可能性が高いと判断した。

(8月26日20時16分)

社会(8月26日)