国内外ニュース

兵士襲撃の男宅を捜索、ベルギー テロ殺人未遂容疑

 【ブリュッセル共同】ベルギーの首都ブリュッセル中心部で25日夜、ソマリア系の男がパトロール中の兵士に刃物で切りつけ2人に軽傷を負わせた事件で、ベルギー当局はテロ殺人未遂容疑で北西部ブルージュの男の自宅を捜索した。検察が26日発表した。

 発表によると、男は1987年生まれ。2004年にベルギーに移り、15年に同国籍を得ていた。テロ活動歴は把握されていないが、今年2月に暴行事件を起こしていた。

 男は25日午後8時20分(日本時間26日午前3時20分)ごろ、兵士3人の背後から「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫びながら刃物で襲撃。兵士に撃たれて死亡した。

(8月26日20時35分)

国際(8月26日)