国内外ニュース

ジャンプ、小林潤が2季ぶりV 男子GP第4戦

 ノルディックスキーの夏の国際大会、グランプリ(GP)ジャンプ男子白馬大会第1日は26日、長野県白馬村で男子個人第4戦(ヒルサイズ=HS131メートル)が行われ、26歳の小林潤志郎が合計272・4点で優勝、2015年9月以来のGP2勝目を挙げた。1回目に130メートルで首位に立ち、2回目も125・5メートルを飛んだ。

 竹内択が8位で、小林陵侑は11位、45歳の葛西紀明は13位。伊東大貴は17位、伊藤謙司郎は25位だった。

 2回目に進めなかった栃本翔平は35位、岩佐勇研は39位、作山憲斗は40位、原田侑武は42位に終わった。

(8月26日21時05分)

スポーツ(8月26日)