国内外ニュース

朝比奈沙羅が世界柔道へ意欲 梅木真美は2連覇目指す

 柔道世界選手権への出発を前にポーズをとる(前列左から)素根輝、新添左季、新井千鶴、(後列左から)朝比奈沙羅、梅木真美、佐藤瑠香=27日午前、成田空港  柔道世界選手権への出発を前にポーズをとる(前列左から)素根輝、新添左季、新井千鶴、(後列左から)朝比奈沙羅、梅木真美、佐藤瑠香=27日午前、成田空港
 柔道の世界選手権(28日開幕・ブダペスト)に初出場する女子78キロ超級で20歳の朝比奈沙羅が27日、成田空港で出発前に取材に応じ「自分らしさを世界でアピールすることが目標。実力者と組み合えるのは楽しみ」と意欲十分に話した。

 78キロ級は前回覇者として臨む梅木真美と4度目の出場となる佐藤瑠香が頂点を目指す。昨年のリオ五輪で初戦敗退に終わった梅木は「世界一を狙ってやってきた」と決意を口にし、佐藤は「この大会で負けてばかりなので、しっかり勝ちたい」と闘志を燃やした。70キロ級の新井千鶴は「やってきたことを出すだけ。取りたいタイトル」と意気込んだ。

(8月27日10時36分)

国際大会(8月27日)