国内外ニュース

被災の松島基地で7年ぶり航空祭 宮城、曲技飛行披露

 航空自衛隊松島基地の航空祭で、アクロバット飛行を披露するブルーインパルス=27日、宮城県東松島市  航空自衛隊松島基地の航空祭で、アクロバット飛行を披露するブルーインパルス=27日、宮城県東松島市  2010年以来7年ぶりに行われた航空自衛隊松島基地の航空祭を訪れた大勢の人たち=27日、宮城県東松島市  2010年以来7年ぶりに行われた航空自衛隊松島基地の航空祭を訪れた大勢の人たち=27日、宮城県東松島市
 東日本大震災の影響で中止となっていた航空自衛隊松島基地(宮城県東松島市)の航空祭が27日、2010年以来7年ぶりに行われ、所属するブルーインパルスがアクロバット飛行を披露した。

 基地は津波に襲われ、航空機28機が水没するなど甚大な被害を受けた。ブルーインパルスの多くは福岡県の芦屋基地にいて被災を免れた。震災後、防潮堤の工事などがあり、航空祭の再開には時間がかかったという。

 8月の宮城県は連日のように雨に見舞われたが、この日は快晴に恵まれた。ごう音を響かせ、一糸乱れぬ動きで飛び交った6機のブルーインパルスに、詰めかけた観衆は歓声を上げた。

(8月27日16時17分)

暮らし・話題(8月27日)