国内外ニュース

高知で「水切り」技競う国際大会 仁淀川に200人

 「第14回仁淀川国際水切り大会」で、石を投げる参加者=27日午後、高知県いの町  「第14回仁淀川国際水切り大会」で、石を投げる参加者=27日午後、高知県いの町
 石を水面で跳ねさせる「水切り」の腕前を競う「第14回仁淀川国際水切り大会」が27日、高知県いの町で開かれた。当日参加を含む全国から集まった約200人が晴天の下で石を投げ合った。

 跳ねた回数、飛距離、フォームの美しさが審査される。過去の優勝者など猛者たちが出場するチャンピオンシップ、男女それぞれの部、10歳以下の部がある。

 チャンピオンシップで優勝したのは、京都市右京区のフリーター田野大地さん(23)。「みんな強かった。風が吹いて少し難しかったがうれしい」と笑顔を見せた。

 国際大会を掲げ、昨年までは海外勢も参加していたが、今年はいなかった。

(8月27日17時36分)

暮らし・話題(8月27日)