国内外ニュース

メイウェザーが格闘家破る 50戦全勝で引退宣言

 コナー・マクレガー(右)を攻めるフロイド・メイウェザー=ラスベガス(USA TODAY・ロイター=共同)  コナー・マクレガー(右)を攻めるフロイド・メイウェザー=ラスベガス(USA TODAY・ロイター=共同)
 ボクシングで5階級制覇したフロイド・メイウェザー(米国)が26日、米ネバダ州ラスベガスで世界最大の総合格闘技団体「UFC」のスター選手、コナー・マクレガー(アイルランド)とボクシングで対戦し、10回TKO勝ちした。「厳しい相手だったけど、自分の方が良かった」と振り返った。

 この一戦で2億ドル(約218億円)を得る可能性がある40歳のメイウェザーは徐々に攻勢に出て、10回に連打で主審に試合を止めさせた。

 メイウェザーは戦績を50戦全勝とし、伝説のヘビー級王者ロッキー・マルシアノ(米国)の49戦全勝を上回った。「これが最後の闘い」と引退する意向を表明した。

(8月27日18時46分)

スポーツ(8月27日)