国内外ニュース

茨城知事選、自公が勝利 新人の大井川氏初当選

 茨城県知事選で初当選を確実にし、支持者に祝福される大井川和彦氏(中央)=27日夜、水戸市  茨城県知事選で初当選を確実にし、支持者に祝福される大井川和彦氏(中央)=27日夜、水戸市
 任期満了に伴う茨城県知事選は27日投開票され、経済産業省出身で無所属新人の元IT企業役員大井川和彦氏(53)=自民、公明推薦=が現職最多の7選を目指した橋本昌氏(71)ら無所属2人を破り、初当選を果たした。

 安倍晋三首相が政権再浮揚を図った内閣改造後初めての大型地方選で、自公両党は選挙期間中、党幹部や閣僚を現地に大量投入。保守分裂の構図で総力戦を展開し、競り勝った。知事選勝利で、安倍政権は10月に控える衆院青森4区、新潟5区、愛媛3区の「トリプル補欠選挙」に弾みをつけたい考えだ。投票率は43・48%で、前回を11・74ポイント上回った。

(8月27日22時40分)

政治(8月27日)