国内外ニュース

日本、逆転サヨナラで連覇 ソフトボール、米国破る

 決勝の米国戦で、サヨナラ犠飛を放つ藤田=高崎市城南野球場  決勝の米国戦で、サヨナラ犠飛を放つ藤田=高崎市城南野球場
 ソフトボールのジャパンカップ国際女子大会最終日は27日、群馬県の高崎市城南野球場で行われ、決勝で日本は米国に5―4で逆転サヨナラ勝ちし、2大会連続3度目の優勝を果たした。

 日本は1―1の四回から登板した上野(ビックカメラ高崎)が五回に1点を失い、六回も2失点。だが1―4で迎えた最終七回に暴投、市口(ビックカメラ高崎)の適時打、洲鎌(豊田自動織機)の押し出し四球で追い付くと、最後は藤田(太陽誘電)が中犠飛で試合を決めた。

 3位決定戦ではオーストラリアがカナダを1―0で破った。

(8月27日21時55分)

国際大会(8月27日)