国内外ニュース

バド、奥原が日本勢40年ぶり金 シングルス初、世界選手権

 女子シングルス決勝 シンドゥ・プサルラと対戦する奥原希望=グラスゴー(共同)  女子シングルス決勝 シンドゥ・プサルラと対戦する奥原希望=グラスゴー(共同)  バドミントンの世界選手権女子シングルスで優勝し、日本勢で40年ぶりの金メダルを獲得した奥原希望=27日、英グラスゴー(共同)  バドミントンの世界選手権女子シングルスで優勝し、日本勢で40年ぶりの金メダルを獲得した奥原希望=27日、英グラスゴー(共同)
 【グラスゴー(英国)共同】英国のグラスゴーで行われたバドミントンの第23回世界選手権で女子シングルスのリオデジャネイロ五輪銅メダリスト、奥原希望(22)=日本ユニシス=は27日、決勝で同五輪銀メダルのシンドゥ・プサルラ(インド)に2―1(21―19、20―22、22―20)で競り勝ち、日本勢で40年ぶり2個目の金メダルを獲得した。日本勢のシングルス制覇は五輪、世界選手権の男女を通じて初めて。

 同ダブルスに初出場の福島由紀(24)、広田彩花(23)組(再春館製薬所)は決勝で陳清晨、賈一凡組(中国)に1―2で敗れ、銀メダルだった。

(8月28日1時15分)

国際大会(8月28日)