国内外ニュース

蜂蜜やハチ、ネオニコ農薬に汚染 9都県調査、基準超えも

 ネオニコチノイド系農薬が検出された国内のミツバチ(千葉工業大提供)  ネオニコチノイド系農薬が検出された国内のミツバチ(千葉工業大提供)
 日本各地の蜂蜜やミツバチ、さなぎが、ネオニコチノイド系農薬に広く汚染されているとの調査結果を、千葉工業大の亀田豊・准教授(環境化学)らのグループが28日までにまとめた。東北から沖縄の9都県で集めた73サンプル全てで検出され、蜂蜜では6割超で国の暫定基準を上回った。

 蜂蜜は日常生活で食べる量であれば、人の健康にすぐに影響が出るレベルではないという。

 ネオニコチノイド系農薬は、各国で多発するミツバチの大量死や群れの消滅との関連が指摘される。

 グループは岩手、福島、茨城、千葉、長野、静岡、鳥取、沖縄の各県と東京都内でサンプルを収集した。

(8月28日8時46分)

科学・環境(8月28日)