国内外ニュース

新王者の山中竜也「実感ない」 WBOミニマム級

 WBOミニマム級新王者となり、記者会見する山中竜也=28日、熊本県芦北町  WBOミニマム級新王者となり、記者会見する山中竜也=28日、熊本県芦北町
 世界ボクシング機構(WBO)ミニマム級新王者となった山中竜也が闘いから一夜明けた28日、熊本県芦北町で記者会見し「いまだに実感がない」と笑みを浮かべた。

 福原辰弥に判定勝ちした試合中にバッティングを受けた左目付近以外、顔に腫れはなく「8回くらいまで(バッティングの影響で)2重に見えていたが、焦らずできたのはいい経験」と振り返った。

 9月3日には真正ジムの先輩で、WBAスーパーバンタム級王者の久保隼の初防衛戦があり「(自分の)試合は終わったが、緊張が取れない」と言う。22歳の山中は「久保さんに先に防衛してもらい、僕も続いていきたい」と意欲的に語った。

(8月28日11時07分)

スポーツ(8月28日)