国内外ニュース

山手線、恵比寿駅で人身事故 一時運転見合わせ

 28日午前8時40分ごろ、JR山手線恵比寿駅の構内で、進入してきた外回りの電車が線路に飛び込んだ男性をはね、一時、内回りと外回りの全線で運転を見合わせた。約1時間後の同9時45分ごろに全線で再開した。

 JR東日本によると、恵比寿駅にはホームドアが設置されており、男性はホームドアを乗り越えて線路に入ってきたという。

 山手線のほか、並行する埼京線と湘南新宿ラインも一時運転を見合わせ、計約4万3千人に影響した。

 新橋駅では利用客が足止めされた。通勤中だったさいたま市の会社役員玉置守さん(76)は「朝の忙しい時間なので困る」と話した。

(8月28日11時25分)

社会(8月28日)