国内外ニュース

電炉2社が経営統合へ協議 東京鉄鋼と伊藤製鉄所

 電炉を使った鉄鋼メーカーの東京鉄鋼と伊藤製鉄所は28日、経営統合に向けた協議を始めることで合意したと発表した。両社は建築向け鉄鋼製品を主力とし、需要の減少や原材料のコスト高で経営環境が厳しくなっていることから、経営の効率化を目指す。

 両社は同日、統合に関する覚書を締結。それぞれ関東と東北に2工場ずつ保有しており、統合により4工場を効率的に運営する。製造技術や人材も一体化し、生産性を高めたい考えだ。

 両社は鉄筋コンクリートの建築物に使う鉄筋棒鋼の製造、販売を手掛けている。近年は需要減に加え、人手不足による着工の遅れも出荷量の減少に拍車を掛けているという。

(8月28日12時06分)

経済(8月28日)