国内外ニュース

羽田元首相が死去 政治改革に尽力

 死去した羽田孜氏  死去した羽田孜氏
 元首相の羽田孜(はた・つとむ)氏が28日午前7時6分、老衰のため東京都内の自宅で死去した。82歳だった。東京都出身。葬儀は9月8日午後1時から東京都港区南青山2の33の20、青山葬儀所で。喪主は妻綏子(やすこ)さん。

 成城大卒業後、小田急バス勤務を経て1969年に衆院旧長野2区で初当選し、当選14回。自民党旧竹下派出身で「七奉行」の一人に数えられ、中曽根、竹下両内閣では農相を務めた。リクルート事件を受け、自民党選挙制度調査会長として政治改革に取り組み、小選挙区導入の旗振り役となった。

 細川内閣総辞職で、94年4月に第80代首相に就任。在任期間は64日間。

(8月28日13時55分)

政治(8月28日)