国内外ニュース

エクアドル経済水域付近に中国船 「資源荒らし」警戒

 希少なサメなど約300トンを積み、拿捕された中国船を調べるガラパゴス国立公園関係者=13日(ガラパゴス国立公園提供、AP=共同)  希少なサメなど約300トンを積み、拿捕された中国船を調べるガラパゴス国立公園関係者=13日(ガラパゴス国立公園提供、AP=共同)
 【リオデジャネイロ共同】南米エクアドルの世界遺産ガラパゴス諸島沖の海洋保護区で今月、希少なサメなど約300トンを積んだ中国船が拿捕される事件があり、エクアドルが中国政府に抗議する事態に発展した。エクアドルの排他的経済水域(EEZ)付近では中国の大漁船団の操業が確認され、エクアドル側は「海洋資源荒らし」に警戒を強めている。

 現地からの報道によると、中国船は今月13日夜、ガラパゴス諸島東端に位置するサンクリストバル島の東約64キロ沖で拿捕された。船倉からは国際自然保護連合の絶滅危惧種リストに掲載されているシュモクザメを含むサメ約6620匹が見つかった。

(8月28日17時17分)

国際(8月28日)