国内外ニュース

いじめ苦に自殺の可能性、広島 中3女子死亡で市教委

 広島市佐伯区の市立五日市観音中3年の女子生徒が遺書のような手紙を残し7月に死亡した問題で、市教育委員会は28日、生徒がいじめを苦に自殺した可能性があると明らかにした。弁護士らでつくる第三者委員会を開き、死亡との因果関係を詳しく調べる方針。

 市教委によると、女子生徒は2年の時、教師に「悪口を言われ嫌だ」と訴えていた。教員らへの聞き取り調査の結果、生徒に対する悪口などを計7件確認し、「精神的苦痛を伴う」いじめがあったと判断。いじめ防止対策推進法が規定する「重大事態」に該当するとした。

(8月28日18時06分)

社会(8月28日)