国内外ニュース

米テキサス、豪雨で「壊滅」被害 石油施設停止で燃料不足も

 ハリケーン「ハービー」の影響で水没した高速道路=27日、米ヒューストン(ロイター=共同)  ハリケーン「ハービー」の影響で水没した高速道路=27日、米ヒューストン(ロイター=共同)
 【サンフランシスコ共同】米南部テキサス州に25日夜に上陸した大型ハリケーン「ハービー」がもたらした豪雨などで「壊滅的」(米メディア)な被害が出た全米第4の大都市ヒューストンなどでは、当局が27日も洪水で孤立した住民らの救援活動を続けた。米メディアによると、27日までに少なくとも住民5人が死亡、十数人が負傷した。

 米石油大手エクソンモービルはテキサス州にある国内で2番目に大きな石油精製施設の稼働停止に入った。同州は世界的に有名な石油・化学産業の集積地で、米国内外で今後、燃料不足の懸念が高まる恐れが出てきた。

(8月28日19時15分)

国際(8月28日)