国内外ニュース

ミサイル発射、韓国「強く糾弾」 NSC会合開催

 北朝鮮の弾道ミサイル発射を報じる、韓国・ソウル駅の街頭テレビ=29日(AP=共同)  北朝鮮の弾道ミサイル発射を報じる、韓国・ソウル駅の街頭テレビ=29日(AP=共同)
 【ソウル共同】韓国政府は29日、北朝鮮による弾道ミサイル発射を「強く糾弾する」との声明を発表した。無謀な挑発の代わりに、速やかに非核化のための対話を始めるべきだとしている。

 韓国政府は同日午前7時から約40分間、国家安全保障会議(NSC)の常任委員会を開催した。文在寅大統領は出席せず、鄭義溶国家安保室長が主宰した。

 聯合ニュースは今回のミサイルに関し、飛行距離約2700キロとの分析から中距離弾道ミサイル(IRBM)級との見方を伝えた。

 その上で、今回は最大高度約550キロのため、30度から45度の通常角度で発射された可能性が高いと報道した。

(8月29日10時37分)

国際(8月29日)