国内外ニュース

発射情報で新幹線などが見合わせ JR在来線や一部私鉄も

 北朝鮮によるミサイル発射情報を受け、安全を確認するため、東北、上越、北陸、北海道の各新幹線、対象地域のJR在来線、私鉄の一部路線が運転を一時的に見合わせた。ダイヤは乱れ、利用者に影響が出た。

 JR東日本によると、東北、上越、北陸の新幹線は午前6時すぎから一時全線で運転を見合わせた。上下で計26本に遅れが出て、計約1万3800人に影響。

 在来線は情報対象の12道県の路線だけでなく、東京都内でも湘南新宿ラインの一部列車が遅れるなどした。私鉄は東武鉄道の伊勢崎線や宇都宮線など、秋葉原(東京)―つくば(茨城)間のつくばエクスプレスも全線で運転を一時見合わせた。

(8月29日10時41分)

社会(8月29日)