国内外ニュース

競泳、池江が2種目で優勝 世界ジュニア選手権

 女子50メートル自由形で優勝した池江璃花子=28日、米インディアナポリス(ゲッティ=共同)  女子50メートル自由形で優勝した池江璃花子=28日、米インディアナポリス(ゲッティ=共同)
 競泳の世界ジュニア選手権は28日、米インディアナ州インディアナポリスで行われ、女子50メートル自由形で池江璃花子(ルネサンス亀戸)は24秒59で優勝し、大内紗雪(ダンロップSC)は25秒07で3位だった。同100メートルバタフライは池江が57秒25で制した。長谷川涼香(東京ドーム)は58秒60で3位に入った。

 女子400メートルメドレーリレーで日本(酒井、小嶋、池江、大内)は3分59秒97の高校新記録で3位だった。男子200メートルバタフライの阪本祐也(大紀)は1分57秒05で2位。(共同)

(8月29日11時11分)

国際大会(8月29日)