国内外ニュース

国交省要求16%増の6・7兆円 道路や防災、観光に力点

 国土交通省  国土交通省
 国土交通省は29日、2017年度当初予算比16%増の総額6兆6944億円とする18年度予算の概算要求を発表した。うち公共事業関係費は16%増の6兆238億円。空港や港湾、道路などのインフラ整備を進めるほか、豪雨などに備えた防災対策、訪日外国人旅行者の受け入れ環境整備に力を入れる。

 インフラ整備では、三大都市圏の環状道路などに2784億円、那覇、福岡両空港の滑走路増設などに470億円、整備新幹線の建設費に17年度当初と同額の755億円を計上した。

 九州北部の豪雨など、水害への備えとして4774億円を求め、土砂や流木をせき止める砂防ダムの整備などを進める。

(8月29日12時40分)

政治(8月29日)