国内外ニュース

日産連合が中国でEV開発 現地に新合弁、19年販売

 日産自動車とフランス大手ルノーの連合は29日、中国の自動車大手東風汽車集団と電気自動車(EV)を共同開発する合弁会社を設立すると発表した。2019年に新型車を投入し、排ガス規制が強まる中国市場で攻勢を強める構えだ。

 新会社「eGT ニューエナジーオートモティブ」は中国内陸部の湖北省に拠点を置き、日産ルノー連合の小型車をベースにEVを開発する。出資比率は日産とルノーがそれぞれ25%ずつ、東風が50%。

 生産は東風が湖北省に持つ工場で行い、それぞれのブランド名で販売する見通しだ。

(8月29日16時26分)

経済(8月29日)