国内外ニュース

日韓外相、対北朝鮮で電話会談 「新制裁必要」

 河野太郎外相(左)、韓国の康京和外相  河野太郎外相(左)、韓国の康京和外相
 河野太郎外相は29日、韓国の康京和外相と電話会談し、日本列島を越える弾道ミサイルを発射した北朝鮮に対し、国連安全保障理事会でより厳しい新たな制裁決議を採択する必要があるとの認識で一致した。河野氏が外務省で記者団に明らかにした。日本側には北朝鮮への石油禁輸が念頭にある。

 両外相は、米国を交えた3カ国で結束して北朝鮮対応に当たる方針を確認。北朝鮮が、非核化に向けた真摯な対話を求めてくるまで圧力を続けることも申し合わせた。

 河野氏は弾道ミサイルが日本上空を通過したことに触れ「かなり深刻な事態だ」と強調。康氏は「日本国民の不安を韓国も共有し、共感する」と応じた。

(8月29日16時50分)

政治(8月29日)