国内外ニュース

米沿岸警備隊が調書を提供 伊豆沖のイージス艦事故

 静岡県・伊豆半島沖で6月、米イージス駆逐艦とコンテナ船が衝突し、米兵7人が死亡した事故で、運輸安全委員会は29日、米沿岸警備隊が艦長らから事故当時の状況を聞き取った調書などを同隊から提供されたと明らかにした。

 米軍が絡む事故で米側から運輸安全委への資料提供は初。安全委が調査への協力を求めていた。記者会見した中橋和博委員長は「調査にとって大きな前進。今後も必要があれば要求していきたい」と話した。

 資料はイージス駆逐艦フィッツジェラルドの艦長や当直業務に就いていた乗組員ら計31人分の調書の要約版や船体内部などの写真117枚。

(8月29日16時56分)

社会(8月29日)