国内外ニュース

避難所の半数はトイレの備えなし 災害時の電力確保も、文科省調査

 災害時の避難所に指定されている全国の公立学校のうち、断水でも使えるトイレや停電時の電力確保の備えをしているのは約50%にとどまることが29日、文部科学省の調査で分かった。耐震性の貯水槽などがあり飲料水が確保できるのは66%、非常用物資の備蓄をしているのは72%、防災無線などの通信手段を確保しているのは77%だった。

 文科省の有識者委員会が昨年7月、熊本地震の経験を踏まえてトイレや電源の確保を求める緊急提言をまとめた。これを受け、避難所に指定されている小中高校と特別支援学校の計約3万校を対象に、4月1日時点で調査した。

(8月29日17時31分)

社会(8月29日)