国内外ニュース

韓国ロッテ、持ち株会社制移行へ 臨時株主総会で議決

 【ソウル共同】韓国ロッテグループ系列のロッテ製菓など4社は29日、それぞれ臨時株主総会を開き、各社を投資部門と事業部門に分割した上で、投資部門による新たな持ち株会社を設立する議案を可決した。グループ内の関連会社が複雑に株式を持ち合う「循環出資」を解消し、経営の透明化を図る。

 持ち株会社は10月に発足し、日本側の中核企業のロッテホールディングス(HD)と似た役割を担う。韓国メディアによると、グループの重光昭夫(韓国名・辛東彬)会長が強い影響力を持ち、グループ経営権を強める。重光会長はここ数年、兄の宏之(同・辛東主)氏と経営権争いを繰り広げてきた。

(8月29日17時31分)

経済(8月29日)