国内外ニュース

軍事応用研究、14件を採択 装備庁、予算110億円

 防衛装備庁は29日、軍事技術に応用可能な研究に費用を助成する「安全保障技術研究推進制度」に、2017年度は104件の応募があり、宇宙航空研究開発機構(JAXA)など14件の研究課題を採択したと発表した。制度が新設された15年度の予算は3億円、16年度は6億円だったが、17年度は110億円となり大幅に拡大した。

 日本の科学者を代表する組織、日本学術会議は今年4月、大学での軍事的研究を問題視し、この制度について「政府による介入が著しく、問題が多い」と指摘した声明を会員に報告するなど、根強い批判がある。

(8月29日18時16分)

社会(8月29日)