国内外ニュース

志々目、阿部が初出場V 世界柔道、全4種目制覇

 男子66キロ級準々決勝 ウクライナ選手(左)に勝利した阿部一二三=ブダペスト(共同)  男子66キロ級準々決勝 ウクライナ選手(左)に勝利した阿部一二三=ブダペスト(共同)  柔道の世界選手権女子52キロ級で初優勝し、メダルを手に笑顔の志々目愛(右)と2位の角田夏実=29日、ブダペスト(共同)  柔道の世界選手権女子52キロ級で初優勝し、メダルを手に笑顔の志々目愛(右)と2位の角田夏実=29日、ブダペスト(共同)  柔道の世界選手権男子66キロ級で初優勝し、メダルを手に笑顔の阿部一二三=29日、ブダペスト(共同)  柔道の世界選手権男子66キロ級で初優勝し、メダルを手に笑顔の阿部一二三=29日、ブダペスト(共同)
 【ブダペスト共同】柔道の世界選手権第2日は29日、ブダペストで行われ、男子66キロ級で注目の20歳、阿部一二三(日体大)が初出場で優勝した。女子52キロ級決勝は日本勢対決となり、志々目愛が角田夏実(ともに了徳寺学園職)に内股で一本勝ちし、初出場優勝。

 日本は第1日の28日に男子60キロ級の高藤直寿(パーク24)、女子48キロ級の渡名喜風南(帝京大)も優勝しており、ここまで全4種目制覇と最高のスタートを切った。

 阿部は6試合中5試合で一本勝ち。決勝ではミハイル・プリャエフ(ロシア)から袖釣り込み腰で一本を奪った。

(8月30日1時10分)

国際大会(8月30日)