国内外ニュース

玄海原発の対応巡り意見交換 原子力防災相と佐賀知事

 佐賀県の山口祥義知事と意見交換する中川雅治原子力防災相=30日午前、佐賀県庁  佐賀県の山口祥義知事と意見交換する中川雅治原子力防災相=30日午前、佐賀県庁
 中川雅治原子力防災担当相は30日、佐賀県庁を訪れ、年明けにも再稼働する九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の防災対応を巡り山口祥義知事と意見交換した。再稼働を前に国と地元自治体との情報共有などで連携強化を図り、重大事故への対応力強化につなげるのが狙い。

 会談で山口知事は「佐賀県は原発の目の前に七つの離島があり、防護措置のさらなる充実が必要。避難に使うインフラ整備の新たな財源措置をお願いしたい」と注文。中川氏は「重く受け止める。事故が起こった場合に国民を守ることは、国の責務だ」と応じた。

 玄海3、4号機は1月に原子力規制委員会の審査に合格。

(8月30日12時22分)

科学・環境(8月30日)