国内外ニュース

衆院委で北朝鮮厳重抗議を決議 弾道ミサイル上空通過で

 衆院安全保障委員会は30日、閉会中審査を開き、北朝鮮が29日に発射した弾道ミサイルが日本上空を通過したことに関して「これまでにない深刻かつ重大な脅威」として厳重抗議する決議を採択した。衆院に続き参院外交防衛委員会でも同様の決議を採択する。

 決議は、北朝鮮の弾道ミサイル発射について、国連安全保障理事会決議に違反すると指摘。挑発行動の自制を求める一方で、国際社会に対しては「外交努力を展開し、平和的な解決を模索すべきだ」と訴えた。

 政府には、独自制裁の徹底や強化を要請。国際社会が一致団結して北朝鮮に一層厳格な措置を取るよう求めた。

(8月30日15時36分)

政治(8月30日)