国内外ニュース

ハリケーン被害、8兆円の可能性 トランプ氏、復興背負う

 29日、米テキサス州ヒューストンで発生した洪水の中、ボートで避難する人たち(ロイター=共同)  29日、米テキサス州ヒューストンで発生した洪水の中、ボートで避難する人たち(ロイター=共同)
 【ワシントン共同】米南部を襲った大型ハリケーン「ハービー」で、ロイター通信は30日、テキサス州の被害を510億~750億ドル(5兆6千億~8兆3千億円)とする調査会社の推計を報じた。テキサス州の地元紙は29日、建物などの損壊や経済損失を合わせた被害総額が最大500億ドルに上る可能性があるとの試算を伝えた。

 東京都の約半分の面積が水没した被災地の再建には数年かかるとみられ、トランプ大統領は1期目任期が終わる2021年まで復興の責務を負うことになりそうだ。

 連邦緊急事態管理局(FEMA)は30日、計約3万人が230カ所に避難していると明らかにした。

(8月31日0時16分)

国際(8月31日)