国内外ニュース

卓球伊藤ら、武者修行に決意 五輪へJSCが若手海外強化支援

 若手選手を海外で強化する事業の対象に選ばれ、ポーズをとる(前列左から)卓球女子の早田ひな、伊藤美誠と飛び込み女子の金戸凜(後列左から)テニス男子の綿貫陽介、卓球男子の張本智和と同女子の平野美宇=30日、東京都内  若手選手を海外で強化する事業の対象に選ばれ、ポーズをとる(前列左から)卓球女子の早田ひな、伊藤美誠と飛び込み女子の金戸凜(後列左から)テニス男子の綿貫陽介、卓球男子の張本智和と同女子の平野美宇=30日、東京都内
 日本スポーツ振興センター(JSC)が2020年東京五輪・パラリンピックなどに向けて若手有望選手を海外で強化する事業で新たに対象となった卓球女子の16歳、伊藤美誠や17歳の早田ひならが30日、東京都内で記者会見し、中国のリーグに参戦する伊藤は「自分の卓球に中国の卓球も取り入れてレベルアップしたい」と武者修行への決意を語った。

 飛び込み女子の14歳、金戸凜も新たに加わった。陸上男子短距離のサニブラウン・ハキームや卓球男子の張本智和は昨年度に続く対象。張本は「海外でたくさんの経験をして、東京五輪やその先の大会で金メダルを取れるよう頑張りたい」と語った。

(8月30日16時21分)

スポーツ(8月30日)