国内外ニュース

O157感染の男性死亡、東大阪 周辺発症なし

 大阪府東大阪市は30日、同市に住む80代の男性がO157に感染し、28日夜に死亡したと発表した。男性が外食した店の客や従業員の発症はなく、立ち寄り先や同居の家族で有症者はいない。市は食中毒や集団感染の可能性は低いとしている。

 市保健所によると、20日に嘔吐の症状が出た。いったん回復したが23日に再び悪化し大阪市内で入院、25日にO157の感染が判明した。

(8月30日16時51分)

社会(8月30日)