国内外ニュース

O157、総菜店を営業停止に 前橋市、集団食中毒

 埼玉、群馬両県の系列総菜店で購入したポテトサラダを食べた人が腸管出血性大腸菌O157に感染した集団食中毒に絡み、前橋市は30日、原因食品を調理、販売したとして同市の「でりしゃす六供店」を3日間の営業停止処分とした。既に24日から営業を自粛しているという。

 前橋市によると、同店で11日に調理、販売された商品を食べた1~84歳の男女9人の感染を確認。原因食品は、ポテトサラダが4人、それ以外のコールスローサラダやマリネなどが5人。1歳男児など3人は入院した。

 ポテトサラダに関してこれまでに判明している感染者数は、埼玉の店舗で10人、群馬の店舗で5人の計15人。

(8月30日17時26分)

社会(8月30日)