国内外ニュース

タクシン元首相が軍政批判 ツイッターに2年ぶり投稿

 タイのタクシン元首相  タイのタクシン元首相
 【バンコク共同】タイのインラック前首相の兄であるタクシン元首相は30日、2014年のクーデター以降、実権を掌握しているプラユット軍事政権と軍政下の司法制度を批判するメッセージをツイッターに投稿した。投稿は約2年ぶり。国外逃亡したインラック氏の居場所などについては触れていない。

 タクシン氏はフランスの思想家モンテスキューの言葉として「法を盾にし、正義の名の下に永続する専制政治ほど残酷なものはない」と指摘した。

 約3年間、政権を維持している軍政と、コメ買い上げ制度を巡りインラック氏を罪に問うことを批判しているとみられる。

(8月30日19時12分)

国際(8月30日)