国内外ニュース

台北ユニバ、日本金37個で最多 初のメダル獲得ランク1位

 ユニバーシアード夏季大会の閉会式で手を振りながら入場する日本選手団=台北(共同)  ユニバーシアード夏季大会の閉会式で手を振りながら入場する日本選手団=台北(共同)
 【台北共同】ユニバーシアード夏季大会最終日は30日、全競技が終了し、台北市の台北陸上競技場で閉会式が行われた。日本は過去最多だった前回光州大会の25個を大きく上回る37個の金メダルを獲得し、夏季大会では初めてメダル獲得ランキング1位となった。

 日本は銀メダル27、銅メダル37を合わせて計101個を獲得し、メダル総数でもトップ。塚原光男団長は「史上最高の成績を収めた。予想を超えた大勝利」と評した。

 次回大会は2019年にイタリアのナポリで開催される。

(8月30日20時51分)

国際大会(8月30日)