国内外ニュース

レバノン大統領、勝利宣言 「イスラム国」掃討作戦

 【カイロ共同】中東レバノンのアウン大統領は30日、記者会見し、同国北東部のシリア国境に近い一部地域を掌握していた過激派組織「イスラム国」(IS)に対する掃討作戦に「勝利した」と宣言した。

 2014年にISに拘束され、救出を目指していたレバノン軍兵士9人については、死亡が確認されたと明らかにした。

 レバノン軍や、シリアのアサド政権軍を支援するレバノンのイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラは今月19日、掃討作戦の開始をそれぞれ発表。ISはアサド政権軍との間で同地域からの戦闘員らの撤退に合意し、シリア東部デリゾールに向け、撤退を始めていた。

(8月30日22時01分)

国際(8月30日)