国内外ニュース

奥野副大臣「利用者は勉強を」 Jアラート不具合、発言撤回

 奥野信亮総務副大臣は30日の参院外交防衛委員会で、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け作動した全国瞬時警報システム(Jアラート)が一部で伝わらなかった問題について「携帯電話を使っている方がもう少し勉強していれば」と述べ、利用者に原因の一部があるとの見方を示した。

 奥野氏は、直後に問題答弁との指摘を受けて発言を撤回した。

 奥野氏は「アンドロイド端末の一部に伝わらない事象が発生しているようだ」と説明。利用者が勉強していれば「(Jアラートが伝わる)無料アプリをインストールすれば、いけることになっている」と続けたところ、民進党の白真勲氏が問題発言だと撤回を求めた。

(8月30日23時40分)

政治(8月30日)